子宮筋腫を治す 改善の方法

子宮筋腫ってどんな症状?何が原因?

子宮筋腫というのは、読んで字のごとく女性の子宮に関わる病気です。

 

この子宮筋腫という名前は知っていても、その症状や原因、治療法、子宮筋腫によって引き起こされる問題などをしっかりと理解している人がどれくらいいるでしょうか?

 

 

恐らく子宮筋腫と診断された人以外は、ほとんど子宮筋腫に関する予備知識を持ち合わせていないのではないでしょうか?

 

子宮筋腫は、現在日本人の成人女性の約3割がこの子宮筋腫ではないかと想定されています。

 

しかし、この子宮筋腫や似たような子宮の病気、子宮内膜症などは、すぐに命に関わるという病気はないためか、社会的にもあまり問題として取り上げられることが少ないように思えます。

 

 

また、男性にいたっては自分にはまったく関係の無い話なので、結婚をしていても子宮筋腫などの症状に関心を示すこともすくないようです。

 

 

とはいうものの、これは男性だけの問題ではなく、女性自身にも問題があって、女性自身も、子宮筋腫に関する理解が少ないため、子宮筋腫の症状がでていても、月経(生理)のときの出血の状況や生理痛などは、“いつものこと!”と軽く考えてしまい、婦人科などを受診するケースは本当に稀なケースといえます。

 

 

しかし、いざ結婚をし、子どもが欲しい、妊娠したい!と思っても、なかなか妊娠しない、子宝に恵まれないという状況になって、婦人科などに健診にいってはじめて子宮筋腫であることに気付いたり、子宮がんなどの検診などではじめて子宮筋腫が見つかったりというケースが多いようです。

 

 

子宮筋腫には、月経痛や過多月経、月経が長引いたり、性交渉をする際、痛みを伴う、頻尿、膀胱など腹部の痛み、貧血、なかなか子どもが出来ない(不妊)などという症状なり、合図があります。

 

こうした症状や気になる点があるようであれば、原因をしっかり確かめたり、把握しておくようにしたいものです。

 

別に、子宮筋腫が見つかったからといって、恐れることではなく、命に関わる重大に病気ではないので、安心していろいろな治療法を探っていくようにしましょう。

 

 

子宮筋腫は、手術や薬などの治療法もありますが、家庭でも出来る治療というか、改善の方法もありますので、そういった方法も知っておけば安心ですよ。