子宮筋腫の症状と治療方法

子宮筋腫の症状と治療

子宮筋腫の症状などの見極め方は、すでにこのサイトでも紹介してきましたが、実際には、子宮筋腫というのは子宮のどの部分にできるかによっても、現れる症状も違います。
また、子宮筋腫のできる場所によっては治療方法なども変わってきます。

 

 

子宮の筋肉の中に筋腫がある場合は、子宮筋腫の中でも一番多いタイプで、筋層内筋腫と呼ばれます。
この筋層内筋腫も、筋腫の大きさや筋肉のどのくらいの場所に出来ているかによって、子宮内膜への圧迫感や痛み、出血などの症状も変わってきます。

 

 

筋層内筋腫の次に多いタイプの子宮筋腫が、漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)と呼ばれるタイプの筋腫となります。

 

この漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)は、子宮の外側を覆っている漿膜に突き出すように出来ている筋腫のことをいいます。
この漿膜下筋腫が子宮筋腫の全体の20〜30%を占め、筋層内筋腫と合わせてほぼ100%ととなります。

 

 

それら以外にも漿膜下筋腫の反対のパターンで子宮の内側の粘膜のすぐ裏に出来る、粘膜下筋腫などもあります。

 

 

とはいっても、子宮筋腫のタイプを知ったところで、余り意味がないのが、辛いところで、というのも、子宮筋腫は何度も言っているように“無症状”という症状が一番多いわけです。

 

つまり、多少の貧血などの症状はあるのですが、痛みなどを伴わないので、自分が子宮筋腫にかかっていること自体がよくわからないわけです。

 

 

もちろん、子宮筋腫を疑わせるような症状がでる場合もあります。

 

その一つが、過多月経です。

 

 

月経過多というのは、生理時の出血が増えるという症状です。
ほとんどの人は、他の人の生理時の出血量をみたことは無いでしょうから、自分の月経血が他の人と比べて、多いのか少ないのかよくわからないでしょう。
しかし、月経時に常に貧血気味になるとか、血の中にレバーのような黒っぽい血液の固まりが出ているようであれば、月経血の量は増えていると考えた方が良さそうです。

 

 

では、どうして子宮筋腫になると過多月経になってしまうのか?ということですが、一般的に言われている原因としては、一つ目が、子宮筋腫が出来ると、内膜腔が大きくなり、その分内膜の体積が増えるので月経時内膜がはがれる範囲も増えるというもの。

 

2つ目は、子宮筋腫があると血液の流れが変わって、血液が溜まりやすくなってしまうというもので、3つ目が、子宮筋腫ができることで子宮の筋肉が締め付けがしっかり出来ないことで、出血が止まり難くなるというものです。

 

 

このような月経血が増えるなどの症状の他に、子宮筋腫の症状には、オリモノが増える、とか、水っぽいオリモノが増えるなんて症状を訴える人もいますし、腰痛や腹痛などの痛みの症状を訴える人もいます。

 

また頻尿になったり、尿失禁、便秘という症状もあるようです。
これらの症状がまとまってでてくるようであれば、早めに病院などで検査を受けたほうがいいですし、月経血の量が半端ではないとか、
月経時にかなり辛い症状があるような人も早めに婦人科などで検査してもらった方が良さそうです。

子宮筋腫の症状と治療方法記事一覧

子宮筋腫と病院での検査と診断

子宮筋腫の症状っぽいなって思っても、実際に病院で検査を受けるとなるとちょっと怖いですよね。やっぱり、病院で子宮筋腫の検査がどんな内容かなんてこともよくわかりませんし、仮に子宮筋腫って診断されたら、どうしようって不安になって当たり前です。最初にお話したとおり、子宮筋腫というのは別に悪性の腫瘍というわけ...

≫続きを読む

 

子宮筋腫 病院での検査内容

子宮筋腫の検査は、自覚症状などの現状の問診が行われた後、お医者様が直接腹部をさわったりして確認をする触診が行われます。その触診で、違和感が感じ取れるようであれば、細胞採取や必要に応じて直腸診、超音波検査などを行うこともあります。子宮系の病気にはいろいろなものがありますが、子宮筋腫とそれ以外の病気の識...

≫続きを読む

 

子宮筋腫を見極める症状とは

子宮筋腫かどうかを判断するのは、一般には非常に難しいといわれています。特に初期の子宮筋腫というのは、人によっては子宮筋腫の症状が全く現れないというケースも多いからです。子宮筋腫特有の症状が現れないため、気が付いたときには症状が進行していた!なんてことも。中には、勤め先の会社が行っている健康診断やお住...

≫続きを読む