子宮筋腫と病院での検査と診断

子宮筋腫 病院での検査、診断

子宮筋腫の症状っぽいなって思っても、実際に病院で検査を受けるとなるとちょっと怖いですよね。

 

やっぱり、病院で子宮筋腫の検査がどんな内容かなんてこともよくわかりませんし、仮に子宮筋腫って診断されたら、どうしよう
って不安になって当たり前です。

 

 

 

最初にお話したとおり、子宮筋腫というのは別に悪性の腫瘍というわけではないので、すぐさま生死に関わるようなことはないのですが、やはり病名を告げられると、凹みますよね。

 

 

とはいっても、子宮筋腫を放っておくわけにもいきませんし、すぐに重大な病気になるなんてことはなくても、女性としての機能に問題
などがでると、生活をする上で負担になりますから、次にあげるような自覚症状などがあれば、一度、気軽な気持ちで婦人科などの病院で検査をしてみるといいでしょう。

 

 

 

子宮筋腫自己チェック項目

 

・月経のときの出血量がナプキン1枚では足りないことがある。
・月経のときにレバーの固まりのような血が出る。
・月経のとき、寝ている間にシーツが汚れるくらい血が出ることがある。
・月経時に下腹部、膀胱に痛みがあったり、腰痛や腹痛がでる。
・月経でもないのに、少し出血することがある。
・薄い水っぽいおりものがでる。
・頻尿、尿失禁がある。
・足の痛みがある

 

 

 

もし、このような自覚症状があるようでしたら、これらの項目を書きとめ、婦人科など病院の先生にしっかり状況を伝えるようにしましょう!

 

 

こういうのは、正しい情報を病院の先生に伝えないと、正しい判断を病院の先生が下すことが出来なくなってしまいますからね。

 

 

子宮筋腫と病院での検査と診断関連ページ

子宮筋腫 病院での検査内容
子宮筋腫の検査は、問診などの状況を確認した後、詳しい検査が行われます。さて、子宮筋腫の検査の内容、流れとは?
子宮筋腫を見極める症状とは
子宮筋腫かどうなのかを判断する子宮筋腫の代表的な症状などについて紹介。