子宮筋腫の手術について

子宮筋腫の手術とは

子宮筋腫というのは、基本的には良性の腫瘍の場合がほとんどですから、子宮筋腫だと診断されたからといってすぐに子宮筋腫のス術などを心配する必要はありません。

 

 

子宮筋腫の多くは、日常生活に支障を与えるようなものでもありませんから、子宮筋腫=即手術ということは少ないです。

 

 

ほとんどの子宮筋腫は、エストロゲンというホルモンの減少とともに縮小していくので、閉経後など自然になくなっていくケースがほとんどです。

 

 

ですが、子宮筋腫といっても、症状がかなり重かったり、筋腫が大きいと手術を行った方がいい場合もあります。

 

その手術の方法も、最近の医療技術の進歩によって、開腹手術だけではなく、腹腔鏡手術などもあるので、手術後の生活様式などを踏まえて選ぶこともできます。

 

 

ですから、仮に子宮筋腫の手術が必要な場合でも、手術をするにあたっての状況などをしっかり確認し、場合によってはセカンドオピニオンを確認するなどした方が良さそうです。

 

 

子宮筋腫の手術について記事一覧

子宮筋腫の手術とかかる費用

子宮筋腫が見つかり、手術をしなくてはならない!となったとき、気になるのは子宮筋腫の手術の方法、そして手術の費用ではないでしょうか。子宮筋腫の手術は、子宮を丸ごと筋腫と一緒に摘出する子宮全摘手術と筋腫だけを切除して摘出する筋腫核出術の二種類があります。さらに、細かく見れば、子宮全摘手術には2つの方法に...

≫続きを読む

 

子宮筋腫の手術で子宮を全摘出のリスク

子宮筋腫の手術においては、子宮の摘出を行わなければならないケースもあります。たとえば、筋腫そのものが大きすぎたり、筋腫の数が多い、広範囲などであれば、筋腫のみを摘出することが困難な場合があります。となると、最善の方法として子宮を摘出することになります。ただ、子宮を摘出することで、妊娠は出来なくなりま...

≫続きを読む