子宮筋腫の手術で子宮を全摘出のリスク

子宮筋腫手術で子宮を摘出するとどうなるの?

子宮筋腫の手術においては、子宮の摘出を行わなければならないケースもあります。

 

たとえば、筋腫そのものが大きすぎたり、筋腫の数が多い、広範囲などであれば、筋腫のみを摘出することが困難な場合があります。

 

となると、最善の方法として子宮を摘出することになります。

 

ただ、子宮を摘出することで、妊娠は出来なくなります。
もちろん、今後出産を希望しないとか、閉経しているということであれば、それでも良いのでしょうが、まだ赤ちゃんを希望されるようであれば、お医者さまとしっかり相談をするようにしたほうが良いです。

 

 

子宮を摘出することでのメリットは、一度子宮を摘出することで子宮筋腫が再発する恐れがなくなりますし、子宮がんのリスクもなくなります。

 

また、月経がなくなるので、それまでの辛い月経痛からは開放されます。

 

 

しかし、子宮摘出はメリットばかりではありません。
子宮を摘出することで、女性ホルモンの分泌量が減り、更年期障害に似たような症状に悩まされる方もいらっしゃいます。

 

また、子宮を摘出することで、自分が女性としての存在価値が無くなった!と精神的に落ち込む方もいらっしゃいます。

 

特に、赤ちゃんを希望される方であれば、なお更です。
中には、精神的な落ち込みでうつ病などを発症される方もいらっしゃいます。

 

 

このように、子宮を摘出することで様々な変化が生じてきます。
本当に、他に方法はないのか?セカンドオピニオンなども検討するなどしてみることも大事です。

子宮筋腫の手術で子宮を全摘出のリスク関連ページ

子宮筋腫の手術とかかる費用
子宮筋腫の手術をする場合に気になる手術の方法や費用について