子宮筋腫とは?

子宮筋腫の症状と基礎知識

子宮筋腫というのは、子宮の中にできるこぶ状の塊で、普通はボールというか丸い球形の場合が多いようですが、できる子宮筋腫の形にはいろいろあるのが現状です。

 

 

子宮筋腫の症状としては、月経(生理)が多くなったり、長くなったりする月経異常や、不正な出血などにより貧血になったりするケースもあります。

 

他の症状として、月経困難などにもなるケースなどいろいろな症状が出ますが、中には子宮筋腫でも無症状の場合があるなど、子宮筋腫であると素人がはっきり判断するのはけっこう難しいです。

 

 

また、これら子宮筋腫の症状がでても、こういった症状は月経時にはよくあると捉える女性も多いらしく、それが子宮筋腫発見を遅らせる要因ともなっています。

 

 

 

他にも、子宮筋腫の症状としては、筋腫が大きくなったりすると、直腸や膀胱などが圧迫、刺激されることで、おしっこが近くなるなどの頻尿の症状がでたり、直腸を圧迫されることで、便通が悪くなり便秘になるという症状がでることもあります。

 

 

しかし、これらも女性であれば、子宮筋腫でなくてもしばしば体験することなので、子宮筋腫としての症状とは捉えら難いですから、
そういう症状がでていても気付かないケースがほとんどです。

 

 

そういう意味では、やはり月経時の出血の状況などをしっかりチェックすることが子宮筋腫発見の一番の近道かもしれませんね。

 

 

不正出血や出血過剰の症状が見られるようであれば、婦人科などに行って、症状を報告し検査をしてもらうようにしましょう。

 

 

子宮筋腫の検査は、子宮内膜症などと違って近頃はとても簡単に調べられるようになってきているので、検査による痛みなども全く
といっていいほどないので、安心して健診などを受診してみるといいでしょう。

 

 

 

子宮筋腫とは?記事一覧

子宮筋腫の原因と要因

子宮筋腫というのは、症状も痛みを伴わないケースなどもあるので、ある意味“無症状”といえるような場合も多くあります。そのため、、自分が子宮筋腫になっていることに気付くのが遅い、または、まったく気づかないなんてこともよくあります。ですから子宮筋腫は、実は成人女性では5人に1人とか、4人に1人という確率で...

≫続きを読む

 

子宮筋腫の気になる種類

子宮筋腫と一口にいっても、実は種類は一つではありません。とはいっても、子宮筋腫の約9割が子宮体部にできる体部筋腫といわれています。では、残りの筋腫はどういう子宮筋腫なのか?というと、残り1割の筋腫は、子宮頸部に出来る頸部筋腫なのです。ただ、子宮筋腫の約9割、ほとんどを占める体部筋腫には3種類あって、...

≫続きを読む

 

子宮筋腫とがんの関連について

子宮筋腫という病名には、“筋腫”とついているので、放っておくと子宮がんなどがんになるの?って不安に感じている人も多いと思います。そんな子宮筋腫とがんとの関係性についてですが、それほど心配する必要はありません。基本的には子宮筋腫とがんとは無関係といえます。子宮筋腫というのは、良性の腫瘍となりますが、が...

≫続きを読む

 

子宮筋腫と年齢の関係

子宮筋腫というのは、一般的には30代や40代の女性に発症しやすいと言われていますよね。厚生労働省のデータでも、40歳代の女性の4人に1人は、子宮筋腫を持っているという驚くべき数字が公表されています。しかし、自分はまだまだ若いから!といって油断をしていると大変です。20歳代であっても子宮筋腫ができる女...

≫続きを読む

 

子宮筋腫と女性ホルモンの関係について

子宮筋腫というのは、女性ホルモンが活発な時期に発症をすることが多いです。というのも、子宮筋腫は初潮が来る前には発症しませんし、閉経後も発症することは無いといわれています。そういう意味では、子宮筋腫と女性ホルモンというのは、非常に密接に関係しています。子宮筋腫は、ホルモンの分泌量が多くなれば、その分大...

≫続きを読む