子宮筋腫と年齢の関係

子宮筋腫って20代でもかかる?かかりやすい年齢は?

子宮筋腫というのは、一般的には30代や40代の女性に発症しやすいと言われていますよね。

 

厚生労働省のデータでも、40歳代の女性の4人に1人は、子宮筋腫を持っているという驚くべき数字が公表されています。

 

 

しかし、自分はまだまだ若いから!といって油断をしていると大変です。

 

20歳代であっても子宮筋腫ができる女性はたくさんいますし、基本的に初潮を迎えた女性は誰でも子宮筋腫が出来てしまう可能性はあるものです。

 

 

最近の若い女性はほとんどの方が月経時に生理痛を伴うといいます。

 

もし、月経が不順であったり、月経時にレバーのような血の塊のようなものがでてくるようであれば、婦人科を受診してみるようにしましょう。

 

 

子宮筋腫の場合、自覚症状がなかなか出てこないということあるので、自分が子宮筋腫なのかどうなのかを判断することが非常に難しいため、子宮筋腫が出来ていても、それに気が付かないで時間が過ぎていくというケースが少なくありません。

 

 

将来、妊娠、出産を希望するのであれば、定期的に婦人科検診などを受けるようにしたいものです。

 

やはり、子宮筋腫ができると赤ちゃんが出来難いというケースも数多くありますからね。

 

 

子宮筋腫と年齢の関係関連ページ

子宮筋腫の原因と要因
子宮筋腫は、症状など自覚症状があまりはっきりしない分、どうしても分りにくい病気。子宮筋腫の原因、検査、治療方法などを紹介します。
子宮筋腫の気になる種類
子宮筋腫にはどのような種類のものがあるのか?を紹介します。
子宮筋腫とがんの関連について
子宮筋腫になると子宮がんなどになりやすいのか?といった子宮筋腫とがんとの関係について紹介。
子宮筋腫と女性ホルモンの関係について
女性ホルモンが子宮筋腫に及ぼす影響などについて紹介。