子宮筋腫と女性ホルモンの関係について

子宮筋腫に女性ホルモンはどのように影響をしてるのか?

子宮筋腫というのは、女性ホルモンが活発な時期に発症をすることが多いです。

 

というのも、子宮筋腫は初潮が来る前には発症しませんし、閉経後も発症することは無いといわれています。

 

そういう意味では、子宮筋腫と女性ホルモンというのは、非常に密接に関係しています。

 

 

子宮筋腫は、ホルモンの分泌量が多くなれば、その分大きく育っていくといわれています。

 

ですから、逆に女性ホルモンの分泌が抑えられることができれば、子宮筋腫は抑えることができるということなので、病院などでの子宮筋腫の治療でも、ホルモン療法を用いて、人工的に閉経状態をつくって、子宮筋腫を治療するケースもあります。

 

 

とはいうものの、実際問題として子宮筋腫の発症原因がはっきりと分かっていません。
ですから、必ずしも女性ホルモンだけ意識していれば、子宮筋腫を治すことができる!というものではありません。

 

たとえば、子宮筋腫は、睡眠不足、夜のお仕事などをすることでの生活リズムの崩れ、過度のストレスなどで免疫力が低下することでも発症するといわれています。

 

つまり、子宮筋腫は女性ホルモンが大きく関わっているのですが、それだけに捉われるのではなく、いろいろな要因、原因というものを考えながら、子宮筋腫の治療などを行うことが重要です。

子宮筋腫と女性ホルモンの関係について関連ページ

子宮筋腫の原因と要因
子宮筋腫は、症状など自覚症状があまりはっきりしない分、どうしても分りにくい病気。子宮筋腫の原因、検査、治療方法などを紹介します。
子宮筋腫の気になる種類
子宮筋腫にはどのような種類のものがあるのか?を紹介します。
子宮筋腫とがんの関連について
子宮筋腫になると子宮がんなどになりやすいのか?といった子宮筋腫とがんとの関係について紹介。
子宮筋腫と年齢の関係
子宮筋腫は20代でも発症することがあるのか?子宮筋腫と発症年齢との関係について紹介。