子宮筋腫の気になる種類

子宮筋腫の種類は1つではありません

子宮筋腫と一口にいっても、実は種類は一つではありません。

 

とはいっても、子宮筋腫の約9割が子宮体部にできる体部筋腫といわれています。

 

では、残りの筋腫はどういう子宮筋腫なのか?というと、残り1割の筋腫は、子宮頸部に出来る頸部筋腫なのです。

 

 

ただ、子宮筋腫の約9割、ほとんどを占める体部筋腫には3種類あって、それぞれの筋腫の種類によって、症状も子宮筋腫の治療方法も違ってきます。

 

 

では、一つ一つの筋腫についてお話していきたいと思います。
最初は、しょう膜下筋腫。

 

このしょう膜下筋腫は、名前のとおり子宮のしょう膜という膜の下にできる筋腫です。

 

このしょう膜下筋腫は、子宮の外側に向かって大きくなっていくので場合によっては、子宮から出てきてしまう場合もあります。

 

このしょう膜下筋腫は、子宮腔を直接圧迫するようなことがないので、過多月経や貧血といった子宮筋腫にありがちな症状が出ないというのが特徴といえます。

 

 

ただ、明らかな症状が出ないので、子宮筋腫を疑うような体調の変化に気がつきにくく、筋腫が次第に大きくなっていき、それによて他の臓器を圧迫して頻尿や便秘を起こすこともあります。

 

 

 

次に、子宮筋腫中で一番多い種類の、筋層内筋腫。

 

この筋層内筋腫は、サイズ的には大豆位の大きさから、大きい物になると鶏の卵くらいの大きさにまでなることもあります。

 

筋層内筋腫は、小さいと症状がでることはほとんどありませんが、筋層内筋腫が大きくなっていくと月経時の経血量も増えますし、その血もレバー状の血の固まりになって出てくるといった症状が現れます。

 

 

 

最後に、最も重症だといわれている粘膜下筋腫です。

 

この粘膜下筋腫は子宮内膜に筋腫ができるので、受精卵が着床しにくくなり、不妊症の原因にもなってしまいます。

 

粘膜下筋腫の症状としては、月経血が増えたり、月経が長くなったり、生理時に激しい痛みを感じることもあります。

 

 

子宮筋腫の気になる種類関連ページ

子宮筋腫の原因と要因
子宮筋腫は、症状など自覚症状があまりはっきりしない分、どうしても分りにくい病気。子宮筋腫の原因、検査、治療方法などを紹介します。
子宮筋腫とがんの関連について
子宮筋腫になると子宮がんなどになりやすいのか?といった子宮筋腫とがんとの関係について紹介。
子宮筋腫と年齢の関係
子宮筋腫は20代でも発症することがあるのか?子宮筋腫と発症年齢との関係について紹介。
子宮筋腫と女性ホルモンの関係について
女性ホルモンが子宮筋腫に及ぼす影響などについて紹介。